逆流性食道炎 原因

逆流停止機能の低下について

逆流停止機能の低下について

逆流性食道炎になってしまう原因は胃液の逆流です。では胃液が逆流してしまうのはなぜか・・・それは、胃液の逆流を防ぐ役割をしている逆流停止機能の低下が原因となります。この逆流停止機能が低下してしまう誘因はいろいろあります。

ストレス・加齢・手術後・肥満・食生活などさまざまな誘因があるのですが、加齢以外に関しては対策することで改善できるので早期に対処されることをおススメいたします。なぜなら、逆流性食道炎という病気は対策が遅れるほど治療に時間がかかってしまうからです。

私の場合は、仕事のストレスが原因で逆流性食道炎になってしまいました。では「ストレスを解消しないと逆流性食道炎を防ぐことはできないのか?」と思うかもしれませんが、単純のそうともいえません。

というのも、私はストレスが原因で逆流性食道炎になったのですが、症状を改善するためにとった対策は食事の改善・生活習慣の改善・姿勢などストレスとは関係のない対策法も効果的でした。

なので、ストレスを解消することができないからといって、対策がないわけではないので安心してください。しっかりと逆流性食道炎のことを理解し、正しい治療法を実践することで確実に症状を軽減することができる病気だと私は考えています。

私が実際に試して効果があった治療法とは・・・<<



関連記事 ⇒ 逆流性食道炎の原因はストレスである!

逆流性食道炎がなぜ増えたのか・・・私が考えるに、この布教による影響が大きいのではないでしょうか。というのも、布教によりリストラの危機にさらされているという状況は大きな負担になるでしょう。そのストレスが原因になっている可能性もあるので早く景気がよくなることを祈るばかりです。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional