逆流性食道炎 原因

ピロリ菌と逆流性食道炎について

ピロリ菌と逆流性食道炎について

ほとんどの人がピロリ菌という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?このピロリ菌が逆流性食道炎と関連性があるかもしれないという情報を入手したので、ちょっと紹介させてもらいます。

まずはピロリ菌の正式名称ですが「ヘリコバクター・ピロリ」という名称になります。なんか面白い感じの名称ですがそれは置いておいて、このピロリ菌の働きについてですが、人の胃粘膜に感染すると様々な病気に影響を及ぼすことがわかっているそうです。

その病気というのが「胃炎・胃がん・消化性潰瘍」などがあり、胃がんという怖い病気にも関連しているということなので早期に治療したほうがよさそうですね。そんなあまりよろしくなさそうなピロリ菌ですが、実は逆流性食道炎にたいしてはいい反応をするかもしれないようです。

というのも、ピロリ菌に感染すると胃粘膜が荒らされてしまいます。そうなることで胃液の分泌が少なくなることで、逆流性食道炎の一番の敵である胃液の逆流する量が少なくなって症状が軽くなることがあるそうです。

ある書籍においては、ピロリ菌の治療をした人が、治療後に逆流性食道炎になってしまったというデータもあるようですので、もしあなたがピロリ菌の治療をした後に逆流性食道炎になったとしたらこのようなことが原因として考えられるかもしれません。

とはいうものの、ピロリ菌は胃がんなどの病気の原因にもなるようなので、治療はしたほうがいいと私は考えております。どう考えても逆流性食道炎と胃がんでは胃がんのほうが危険ですからね。ちょっとしたピロリ菌の豆知識でした。



その他の症状はこちら↓↓

⇒ 逆流性食道炎改善プログラム
⇒ 逆流性食道炎の原因はストレスである!
⇒ 逆流性食道炎は姿勢で悪化する?
⇒ 逆流性食道炎は食べ物が改善のカギである

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional